Home » EVENT » 第63回 東京寄席 2015年3月31日(火) 東京・上野

第63回 東京寄席 2015年3月31日(火) 東京・上野

【第63回東京寄席】








2015年3月31日(火)


開場17:30 開演 17:45 


場所:お江戸上野広小路亭 


木戸銭:2000円  全席自由席


【佐藤の演奏曲】

1. さくらさくら(作者不詳)

2. 早春賦(中田章)

3. Come what may 映画『ムーラン・ルージュ』より  (David Baerwald)


さくらさくら、日本の春を描き出す美しい曲です。

早春賦は、ちょうど3月のもどかしい陽気をあらわしていますね。

Come what mayは、ご存知のように「どんなことがあっても」ということですが、美しいニコール・キッドマン演じるサティーンが公爵の女になってしまうかというとき、ユアン・マクレガー演じるクリスチャンが愛の詩を歌に託しますね。




たとえなにがあっても
わたしはあなたを愛する
わたしが死ぬその時まで

Like I’ve never seen the sky before 
I want to vanish inside your kiss 
Every day I love you more and more 

Listen to my heart, can you hear it sing 
Telling me to give you everything 
Seasons may change  
Winter to spring
But I love you
Until the end of time 

Come what may 
Come what may 
I will love you 
Until my dying day 

Suddenly the world seems such a perfect place 
Suddenly it moves with such a perfect grace
Suddenly my life doesn’t seem such a waste 
When all revolves around you 

And there’s no mountain too high 
No river too wide
Sing out this song 
And I’ll be there by your side 
Storm clouds may cover 
And stars may collide 
But I love you 
Until the end of time 

Come what may 
Come what may 
I will love you 
Until my dying day 

Oh, come what may 
Come what may 
I will love you 
I will love you 
Suddenly the world seems such a perfect place 

Come what may 
Come what may 
I will love you 
Until my dying day 


(歌詞引用)






『2015年東京寄席3月公演』





【出演者】

(江戸太神楽)丸一仙翁社中

(漫談)青空うれし

(歌・漫談)松鶴家千とせ

(紙芝居)きくち英一

(落語)立川らく里

(紙切り)桃川健

(歌)佐藤容子

(漫談)青空活歩

(漫才)青空羽歩・蛇九

(漫才)猪馬ぽん太

(コント)ぽ~くちょっぷ

(コント)平成デクラシー


(司会)早川侊志

 

 

3月